カードローンをマラソンに例えるなら

もしもカードローンの返済をマラソンに例えるならば、それは毎月のリボルビング返済ということになるでしょう。

なぜなら翌月の一括返済などでは、マラソンではなくて短距離走になってしまうからです。

とにかくカードローンによる借り入れでは、ミニマムペイメントであればあるほどゴールまでの道のりは長くなります。

それゆえ、それを走り抜かねばならないマラソン・ランナーにも、それ相応の持久力と覚悟が必要になります。

ただし、カードローンのマラソンはスポーツ競技とは違って、別に他のランナーと競争するわけではありません。

たとえ走っている途中で他のランナーたちが自分を追い抜いていくのが見えたとしても、何も気にする必要はありません。要は途中で棄権することなく、最後まで走り切ればそれで良いのです。

返済にもマラソンにも自分のペースがありますが、返済の場合、人のことなど気にせずに自分のペースを守って走ることが大切です。ペースを乱さないことが肝心なのです。

続きを読む