カードローンで突然の出費に備える

急な出費に備えたい時、あれば便利な存在といえばカードローンが挙げられるでしょう。

カードローンはカードがあれば、簡単に銀行やコンビニなどのATMからまとまった現金を用意できるようになる存在です。

夜や早朝であっても、カードローンを契約しておけば、出張先や旅行先などでも便利にお金を工面できるようになるのえ、万が一の出費のための備えとしてもカードローンはとてもおすすめです。

カードローンは最近は審査がとても早いサービスが増えてきており、あっという間に一時間程度あれば速やかに審査の結果を教えてもらえるサービスもかなり増加してきています。

信販系のカードローンもありますが、銀行系のカードローンを選ぶと、金利をかなり抑えることが出来たり、キャッシングにやや抵抗がある人であっても安心感を抱くことが可能です。

カードローンは多額を借り入れても、一度に返済せずに済むので、マイペースにお金を返すことが可能です。

月に一万円など少額ずつ返済できるので、安月給な私も利用しやすく助かりました。

続きを読む

申し込みブラックとはどういう状態か

いわゆる申し込みブラック状態になってしまいますと、カードローンに申し込みをしても審査の段階で通らないまたは通りにくくなってしまいます。

申し込みブラック状態はカードローンの審査が通らない状態といえるでしょう。

申し込みブラック状態とは短期間に複数社のカードローンを申し込みをしていたか申し込みをしているという状態のことで、これは信用情報機関の信用情報に記載されているので、審査が通りにくくなっているのです。

信用情報は返済能力の有無を判断するために参考とされる資料なのですが、信用情報には申込みから返済までたくさんの情報が記録されています。

カードローン会社は加盟している信用情報機関にあるすべての情報を閲覧することができ、また審査の際には絶対に行います。

(引用:短期間で連続申込みをすると審査に落ちる?!真相は? | カードローンおすすめトライ

一度、信用情報機関の信用情報に申し込み情報が記載されると半年間は削除されることはないので、申し込みブラック状態を脱するのに半年かかってしまいます。

新しい申し込みを半年間しなければ、申し込みブラック状態よりもずっと審査に通過しやすい状態に戻っているといえるます。

逆に申し込みブラック状態にならないためには一か月間で複数回の申し込みをしないようすべきで、それを守っていれば申し込みブラック状態になることは避けられます。

続きを読む

カードローンを選ぶならまず銀行

カードローンのサービスを提供している金融会社は大きく分けて銀行と銀行以外の消費者金融を中心とした貸金業者に分けられます。

それぞれに特徴がありますが、まず先に検討するならば銀行のカードローンということになるでしょう。

銀行のカードローンがその他の貸金業者のカードローンと比べて優れているのは2つのあります。

まず一つ目は銀行のカードローンは適用される金利が低いということが挙げられます。カードローンは借金でありますから、返済のことを考えてみると金利は低いことに越したことはありません。

金利が安ければ、返済期間も総返済額も抑えることができるからです。

もう一つは銀行のカードローンは総量規制の対象外であるということです。その分銀行のカードローンは審査が厳しいですが、審査に通過することができれば貸金業者のカードローンよりも自由度が高いとも言えます。

それらの面からカードローンを利用したいならまず銀行に申し込んでみることです。

続きを読む

消費者金融のプロミスについて

カードローンを行っている会社は消費者金融系や銀行系で数多く存在しますが、消費者金融系で口コミ評価が高いのはプロミスだと言えます。

 プロミスは土日祝日でも申込で即日融資が出来るのでお急ぎの方に最適なのではないでしょうか。それに借入可能か3秒診断で分かるのでとっても便利だといえます。

 また土日の深夜であってPCからWEB契約したら借り入れが出来るので、24時間営業のサービス業にも引けを取らないサービスだと思いました。消費者金融に行く為にわざわざ仕事を休んだり、早めに退社する必要がないのでその点でも利用しやすいということが出来るのです。

 
 無人契約機は22時まで使用でき、瞬フリと呼ばれる振込キャッシングは、 三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座をお持ちならプロミスに登録したら24時間最短10秒でOKというからビックリしてしまいました 消費者金融ってここまで便利に進化したのですね。

 それにプロミスなら30日間無利息サービスを行っているので、初めて利用する人でも安心して利用できます。ちなみにメルアドとWeb明細利用を登録した人限定のサービスです。

続きを読む

カードローンをマラソンに例えるなら

もしもカードローンの返済をマラソンに例えるならば、それは毎月のリボルビング返済ということになるでしょう。

なぜなら翌月の一括返済などでは、マラソンではなくて短距離走になってしまうからです。

とにかくカードローンによる借り入れでは、ミニマムペイメントであればあるほどゴールまでの道のりは長くなります。

それゆえ、それを走り抜かねばならないマラソン・ランナーにも、それ相応の持久力と覚悟が必要になります。

ただし、カードローンのマラソンはスポーツ競技とは違って、別に他のランナーと競争するわけではありません。

たとえ走っている途中で他のランナーたちが自分を追い抜いていくのが見えたとしても、何も気にする必要はありません。要は途中で棄権することなく、最後まで走り切ればそれで良いのです。

返済にもマラソンにも自分のペースがありますが、返済の場合、人のことなど気にせずに自分のペースを守って走ることが大切です。ペースを乱さないことが肝心なのです。

続きを読む